toggle
石川県高等学校PTA連合会公式サイト

会長挨拶

石川県高等学校PTA連合会会長
村井繁夫
(野々市明倫高校PTA会長)

 石川県高等学校PTA連合会会員の皆様におかれましては、日頃よりPTA活動に多大なるご支援とご協力を頂き、深く感謝申し上げます。
 令和三年度、本連合会の会長を務めさせていただくこととなりました、野々市明倫高等学校PTA会長の村井と申します。副会長をはじめとする役員・理事の皆様と事務局の力添えを頂きながら、本連合会の運営に取り組んでいく所存です。一年間どうぞよろしくお願いいたします。
 さて、昨年より世界中に広がりを見せております新型コロナウイルス感染症の社会への多大なる影響が続く中、会員の皆様におかれましては日々の家庭生活、学校生活において新しい生活様式を取り入れていただきながら、最新の注意を払って感染予防に取り組まれていると思います。本連合会も昨年に続き総会が中止となり、書面での審議を行うことになりました。
 このコロナ禍の中、教育においては文部科学省のGIGAスクール構想の進行、リモート授業、大学入試改革など、子どもたちを取り巻く環境は大きく変化をしています。そして私たちPTAのあり方も大きく変化が求められています。これまでの活動のあり方や行事等も抜本的に見直す必要があるのではないかと感じております。
 各学校おいてPTAの目的は様々かと思いますが、一般的には以下の3点が挙げられます。
・家庭と学校とのコミュニケーションを活性化する
・保護者への研修等を通じ学校教育に対する理解を深める
・学校の教育的環境の整備を図る
会合やイベントを行う事は現実として厳しいかと思いますが、ただ活動を停止するのではなく、子どもたちのため、子どもたちが学ぶ学校のために保護者と学校との連携が今こそ必要なのではないでしょうか。
 こうした変化する環境で模索する我々PTAの姿を子どもたちに見せられるようこの一年間皆様と共に頑張っていきたいと思います。
 来年、二〇二二年全国高等学校PTA連合会石川大会の開催に向け、本年度組織が再編成され準備が本格化します。本県の教育環境の発展に向け、コロナ禍を経ての全国大会として新しいPTA活動の在り方をこの石川県から発信できるよう、そして充実した全国大会になるようオール石川で進めてまいりたいと思います。各校PTAの皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げ、挨拶とさせていただきます。